レンズの大きいサングラスは紫外線の対策を行いやすい

紫外線は非常に怖い存在であることが最近の研究でわかってきています。
たとえば、目に紫外線を浴び続けていると白内障になるリスクがかなりの確率で増すことが分かってきています。

実際に紫外線が多い地域である沖縄や南九州では日本のほかの地域と比べると白内障患者が多いと言われていますので如実にその現実を表していると言えるのです。

また、目に紫外線を浴びるとメラニンの生成が進み肌が日焼けしてしまうこともわかってきています。

つまり、肌の紫外線対策を十分に行っていても目の紫外線対策を怠っていると日焼けをしてしまいシミやシワ、皮膚がんのリスクも増えるのです。

しっかりと目の紫外線対策も行わないととんでもないことになるわけです。

目を紫外線から予防するにはサングラスが必要です。

サングラスは安いものでもUV加工されているので構いません。

ただし、サングラスを購入するのならレンズの色は薄い色でレンズ自体も大きなものを選ぶように心がけましょう。

レンズの色が濃いと紫外線を浴びる確率が高くなりレンズが小さいと隙間から紫外線が侵入してくる可能性が高くなるからです。

サングラスは基本的に日本人には抵抗がある人が多いものです。
気になる人はメガネやコンタクトレンズでもUV加工されているものも多く出ていますので、それらで対策を取るようにしましょう。目は大切なものですが意外と紫外線対策には無関係と思いがちです。
しかし、実際は目の対策を取ることこそが紫外線対策の要にもなると言えるのです。

日傘は顔や首などの上半身の紫外線対策に

手身近な紫外線対策グッズとしては日傘があります。
日傘は大人の女性がさすものだというイメージを持っている人が多いようですが、今どきはそうでもありません。大人の男性でも持っている人もいますし子供でも専用の日傘をさす子供もいるのです。

日傘は紫外線対策としても有効ですがファッションアイテムとしても有効に利用されることもあります。日傘の良いところはさすことで顔と首以外にも上半身全体を紫外線から予防することができるということです。

もちろん、使い方を間違えては日傘の意味もないことになります。
ただ、顔の上方にさしていれば良いというものではないのです。

しっかりと上半身全体がおおわれるような差し方をしないと意味をなさないのです。

紫外線は直接日光から降ってくるものばかりではりません。

地表からの反射や壁などからの反射も考えられるので柄は出来るだけ短く持って日傘と頭部の隙間ができるだけ少ないように持つことがコツとなります。

意外と見逃しがちな場所は日傘を持っている腕や手です。

日傘をさしていても腕や手は無防備に紫外線を浴びてしまう可能性が高いので手には日焼け止めをしっかりと塗り、腕はアームカバーなどで覆うことが紫外線対策として有効となるのです。

なお、日傘は色は特に関係ありません。白でも黒い日傘と同じように十分に紫外線を防ぐことができることが分かっています。ただ、雨傘では十分な紫外線対策は出来ませんのでUV対策が施されている日傘を使用しましょう。

紫外線の予防に帽子は役立つ?

紫外線を防ぐグッズには色々なものが出ていますが、
紫外線対策として男女、大人に子供関係なく可能なものとして頭に浮かぶのは帽子になります。

帽子にも野球帽や麦わら帽子などいろいろな種類があります。
どの帽子も基本的にあ頭を日差しから守るということが主目的となっています。

確かに頭は頭皮に髪の毛があり紫外線から守るべきものだと言えます。
紫外線がもろにあたると頭皮に痒みがでたり、
髪の毛が抜けたりと良い影響はありません。

しかし、どうせ帽子を被るのであれば頭皮や髪の毛のほかにも顔や首に至るまでをしっかりと紫外線から守ることができるようにしたいものです。

野球帽は頭皮や髪の毛はしっかりと防御できて顔の前面を紫外線から予防することが可能です。でも、どうやっても首まわりには紫外線があたってしまいます。

その意味では最も紫外線対策として有効に思える帽子は麦わら帽子となります。
麦わら帽子はツバが丸くどの方位からの日光も遮ることができるので非常に紫外線を防御するのに有効なのです。

麦わら帽子は子供でも大人でも男性でも女性でも被ることができる帽子です。帽子を被ることでかなりの紫外線を浴びることを防ぐことができます。

夏場の暑い日だけでなく一年を通して帽子を被る習慣をつけることができると立派な紫外線対策ができることになります。手軽に身近にお金をかけなくてもできる紫外線予防として子供の頃から帽子を被ることに慣れるのが理想だと言えそうです。

安全性は問題なし!日本製の飲む日焼け止めニュートロックスサン

「飲む日焼け止め」一瞬この言葉を聞いたり見たりするとどんなものか想像しにくいと思います。
ですが結構飲みやすく使いやすいものなんです。
美白に気をつけている人は日焼けしないように今まで日焼け止めをたっぷり毎朝塗って通勤をしたり遊びに行ったりしています。ですが、腕を集中的にケアしたいと厚塗りをしてしまい見栄えが悪くなったり、急いで塗ってしまった時にお気に入りの服にクリームがついてしまうとせっかくのお出かけも行く前からテンションが下がってしまいます。そんな忙しかったり活動的な女の子や男の子にオススメなのが飲む日焼け止めなんです。ここでは日本製の飲む日焼け止めの安全性をお伝えします

飲む日焼け止めの良いところ

飲む日焼け止めは体の中から紫外線のダメージを防御してくれます。
今まで一生懸命こまめに塗っていたのがなくなります。朝忘れても電車の中でサプリを飲めば解決するので手間が省けて化粧を長くする事も出来ます。
海などレジャーだと背中の日焼けや手に届きにくい場所が気になったりしますが、これは塗る日焼け止めではなく飲む物なので二錠飲むだけでそんな悩みも改善されます。あと、日焼け止め特有の塗った後の匂い、テカリなどで化粧ノリがイマイチという事がありません。

一番効果的な飲み方は?

ここでふと思ってしまうのは、「買ったとしても効果的な飲み方が分からない」「どうすればいいの?」と思う人もたくさんいると思うんです。そこでどう利用していけばいいのか紹介しょうと思います。
1「外出の30分前に飲むと良い」
最初に通勤の途中で飲むのも良いと言いましたが、本当に効果を発揮するのは30分後です。朝起きて支度している間に飲むと忘れる事もなくよりよく利用できると思います。

2「長時間日光を浴びる場合は途中で」
レジャーや海などで長時間日光や紫外線を浴びている場合は途中でもう一回飲むのがベターで効果が途切れる事なく利用する事ができます。そうすると飲んだはずなのに日焼けしてしまったという事がなくなります。
3「毎日飲むと細胞にいい」
中から日焼けを抑制するというと少し悪いものを使っていたり日常的に利用すると体に悪いイメージがありますが、実は違うんです。日本製の飲む日焼け止めの主成分「ニュートロックスサン」は「シトラス果実」「ローズマリー」を配合して作った天然のポリフェノールなんです。
前に日焼けをしてしまった所も抑えてくれる効果もあるので、毎日飲むと効果が出やすいです。
4「どんな人でも使える」
肌が弱い人でも使う事ができます。例えば日焼け止めが合いにくい(アトピー、アレルギー、敏感肌)人でも気軽に使用する事ができ美白する事ができます。
5「併用」
日焼け止めとの併用をするととても効果を発揮する事ができます。中から防ぐのと外から防ぐ両方することによってよりダメージを受けにくくなります。
6「意外に安く買える」
変わったものは価格が高いと思われがちですが、意外に安く購入できるのが特徴です。
定期コースでの申し込みをするとお得です。インターネットでの購入で送料無料など沢山の特典があったりします。
7「ビタミンD」
体の中で唯一紫外線を当てることで体内で作ることのできるビタミンの事です。これは、日焼け止めを塗ってしまうと作られないとされていましたが飲む日焼け止めならビタミンDの生成を妨げない事が分かりました。

『安全性』
そこで不安になるのは安全面だと思います。GMP認定されている商品を基準に選ぶといいかもしれません。

『副作用』
ここまでで紹介をしていると良く効いて便利というイメージがあるかもしれませんが副作用が気になります。
今のところでは「ニュートロックスサンの副作用」は実験でも出ないと分かっていますが、飲んでいけない人もいます。それは妊婦さん、授乳中の女性、4歳未満の子供です。

サプリに記載されている注意書きやルールを守って使用していけばとてもいい商品だと思います。
元気で活動的なあなたに上手く利用して紫外線が気にならない楽しい毎日になるといいと思います。